「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンは車ではなかった

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンは車ではなかった

1985年公開で、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮によるアメリカSF映画。
監督のロバート・ゼメキスは、この映画が大出世作となって、続編の「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」を製作することになります。

ストーリーは、高校生のマーティ・マクフライが科学者で親友のドク博士の発明した車型タイムマシンであるデロリアンに乗ってタイムトラベルする話です。
また、作品中に登場したデロリアンは話題を集め、日本でもラジコンやミニカーといった玩具に採用されるなど人気を呼びました。

巨匠ジェームズ・キャメロン監督による超大作映画

巨匠ジェームズ・キャメロン監督による超大作映画


1912年に北大西洋上で沈没した豪華客船タイタニックの悲劇を基に制作された3時間にもおよぶ超大作映画です。
主演は、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。


全世界で21億ドルの興行収入を記録し、世界歴代興行収入1位を達成することになります。(2009年にアバターが公開されるまで)
本作品は、アカデミー賞含め数多くの賞を受賞し、また主題歌である「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も世界中で大ヒットとなりました。